*

基本的な野球の練習について

公開日: : 基本

野球の基本の練習方法は対象者によって若干変わってくることになりますが、基本的な練習方法は誰であっても大きく変わることはないといえます。
野球の練習には、ウォーミングアップからはじまり打撃練習と守備練習、走塁練習になります。
またシーズンオフには基礎体力をつけるトレーニング等があります。
最初はキャッチボールが基本になりますが、2人1組で塁間くらいの距離で行うことになります。
そこから距離を長くしていき遠投のキャッチボールをすることになります。
キャッチボールの後にはトスバッティングをすることが一般的です。トスバッティングは基本的な練習ですが、打撃練習と守備練習を兼ねているといえます。
相手にきっちりと返す打ち方をする基礎練習になります。
この後はフリーバッティングの練習になります。
フリーバッティングでは、打撃投手が投げるボールを打つ場合と、バッティングマシンを相手にして打つ場合があります。
また守備練習では、有能なノックを打つ指導者等が必要になります。
基本的に正面に強いゴロを打つことが求められますが外野の練習では高いフライを打つことが必要になります。
守備練習では連携プレーのチェックや走者をおいてノックをする場合があります。

関連記事

no image

まずはボールに慣れることが大切

野球の練習において、まず重視しなければならないのは、ボールに慣れるということ。 すでにある程度野球

記事を読む

no image

私がやっていた基礎練習

野球は9人でするものですからうまくなりたいならとにかく試合に出て色々経験してみることでしょう。 た

記事を読む

no image

野球はとにかく実践練習が大事

息子が野球を始めたのが小学1年生の時なのですが、最初は身体も小さく全くキャッチボールなどもした事が無

記事を読む

no image

野球の基本—キャッチボール—

野球は投手の出来によるスポーツと思われがちです。 ですが、投手中心に抑えると言っても、投手がすべて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
野球の技術向上について

野球は場面場面によって求められるプレーが異なります。 攻撃時、守備時

no image
野球の基本—キャッチボール—

野球は投手の出来によるスポーツと思われがちです。 ですが、投手中心に

no image
野球はとにかく実践練習が大事

息子が野球を始めたのが小学1年生の時なのですが、最初は身体も小さく全く

no image
まずはボールに慣れることが大切

野球の練習において、まず重視しなければならないのは、ボールに慣れるとい

no image
攻・走・守のいずれかを極めてみる

打って良し、走って良し、守って良し、攻・走・守の三拍子がそろった名選手

→もっと見る

PAGE TOP ↑