*

ノックの基本を知る

公開日: : 最終更新日:2013/11/17 ノック

現代野球は三振を取ることよりもボールを動かして、ゴロを打たせて打ち取っていくスタイルが主流になりつつあります。

そのため、投手のみでアウトを重ねていくというのは難しく、野手の守備力向上が必須になってきます。守備力を高めるために行う基本的な練習方法がノックですが、ただノックと言っても打たれたボールを取っているだけではダメです。
取ったボールはファースト等に投げる必要があります。
そのため、しっかりした体勢で捕球する必要があります。ノックを初めて受ける際、よく行ってしまうのが腰を曲げて取りに行ってしまうことです。
地面を転がっているボールを捕球するには手を下げる必要があります。
方法としては腰を曲げるか、膝を曲げるかしかありませんが、初めて受ける場合、どうしても楽な腰を曲げる方を選択してしまうのです。
しかし、この取り方では捕球した後、投げる方向を見ていないのでどうしても投げるまでに時間がかかってしまいます。
また、腰を曲げて取る動きの場合、目線が上から下にぶれてしまい捕球も難しくなります。
他方、膝を曲げて取る動きの場合、打者から自分の所まで転がってくるボールを目線をぶらさずに見ることができますし、投げる方向に視線をすぐに変えることができます。
簡単なことだと感じる方も多いとは思いますが、意外と出来ないことでもあります。基本中の基本なので、徹底的に癖付けるようにしましょう。

関連記事

記事はありませんでした

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

no image
野球の技術向上について

野球は場面場面によって求められるプレーが異なります。 攻撃時、守備時

no image
野球の基本—キャッチボール—

野球は投手の出来によるスポーツと思われがちです。 ですが、投手中心に

no image
野球はとにかく実践練習が大事

息子が野球を始めたのが小学1年生の時なのですが、最初は身体も小さく全く

no image
まずはボールに慣れることが大切

野球の練習において、まず重視しなければならないのは、ボールに慣れるとい

no image
攻・走・守のいずれかを極めてみる

打って良し、走って良し、守って良し、攻・走・守の三拍子がそろった名選手

→もっと見る

PAGE TOP ↑